学びを本物にしよう

Project Based Learning with JEERA

​~ プロジェクト型学習指導法通信講座 ~

理想的な教育とは何だろう…

21世紀を生き抜く力を持ち備えた子どもたちを

育成するにはどうすれば良いのだろう…

アクティブラーニングをもっと深めたい…

教育に関わる方の全ての想いに

JEERA PBLが答えます。

日本初となるプロジェクト型指導法通信講座では、

指導者が知りたいポイントを徹底調査し全てカバー!

導入から評価まで詳しく学んでいただけます。

PBL実践時に必要となる各種フォームや

ルーブリック評価表なども全て含まれているので、

初めての方でも非常にスムーズに導入していただけます。

JEERA PBL指導法通信講座

3.PBLプランニング


PBLで重要なものの一つがプランニング。 過程を一つづつ取り上げ、どのような視点で指導計画を立てていくのか、指導内容をどのように授業に組み込んでいくのか、そして計画する際に考慮すべき点などにも触れながら丁寧に解説しています。




1.イントロダクション


ご挨拶、JEERA PBL指導法通信講座概要、コースの進め方についてご説明差し上げます。




2.PBLを知る


PBLとはどのような学習法なのか、PBLによって得られる21世紀を生き抜く力やプロジェクトとPBLとの違い、ICEモデル、そしてブルームの目標分類学について学び、PBLへの基盤となる知識を深めます。




4.深い学びを実現する問い


PBLで最も重要となるのが深い学びを実現する問いであり、ドライビング クエスションと言われるもので、非常に重要です。 深い学びを実現するための問いは答えが決まっているようなものを問うのではありません。どのような種類があり、授業でどのように役立てられるのか、受講していただきます。 また、この回ではどのようにすれば質の良いドライビング クエスションを作ることが出来るのか、良い例と悪い例を比較しながら質の良いドライビング クエスションの作り方について学びます。




5.導入イベント


PBLの特徴でもある導入イベントについて学びます。 子どもたちへ学びのエネルギーを与える重要なイベントです。 この回では導入イベントの目的、行い方をご説明しています。様々な規制により実現が難しくなりがちな導入イベントですが、実現しやすいアイディアも併せてご紹介しています。




6 子どもたち主導型学習の3要素


PBLは子どもたちが主導的に進める学習法ですが、それに必要な3つの要素として、質問リスト、子どもたちの選択肢、そして子どもたちの意見を重要視しています。 PBLではどのように質問リストが作成され、子どもたちへはどのような選択肢が与えられ、授業の中でどのように子どもたちの意見が尊重されるのか、例を挙げながら解説します。




7.評論と改良


PBLではプロダクトに対する評論、そしてそれを受けた改良というプロセスも重要視しています。評論も教師からだけではなく、クラスメイト、外部の方に至るまで様々な評論を受けるようにデザインします。この回では、評論の効果的な行い方も動画で学習し、「問いを用いた考えさせる指導」について知識を深めます。




8.PBLプレゼンテーション指導


PBLではプロジェクトの最終回でプレゼンテーションを行うことが多々あります。学校でプレゼンテーションの指導をあえて行うということはなかなかないと思いますが、PBLでは非常に重要です。発表者のマナー、そしてリスナー側のマナーを含めて動画を用いて学習し、プレゼンテーション中に取り組ませるべきことなどについても知識を深めます。




9.PBL評価


PBLの評価で用いられるのはルーブリック評価ですが、この回ではこのルーブリック評価はもちろん、各学習段階でどのような点に着目しながら評価を行うかなど、詳しく例を用いて解説しています。評価観点の一つである「主体的に学習に取り組む態度」を十分に評価できるようになる重要な講座です。




10.GIGAスクール構想を見据えたインターネットの活用


GIGAスクール構想を見据え、PBLの授業展開をインターネットを活用しながら行う、いわゆるハイブリッド指導を学んでいただきます。非常に進んだ海外の事例を参考に作られたこの講座では、インターネットをPBLに十分に活用しながら行うタブレットを用いた学習を想定し、オンライン上で充実した協働学習が出来るソフトウェアの活用法やプロダクトに活用できる無料ソフトの紹介をしています。(例:プログラミング、本出版、服飾デザイン 他) また、入試を含むあらゆる試験に対応できるPBLという視点からも指導方法を解説しており、まさにこれからの指導を学ぶことが出来ます。




11. その他含まれるもの


・PBLコース資料27ページ スムーズに授業が計画出来るプランニングシート、外部の方を対象とした評論表現集、ルーブリック評価シート、深い学びを実現する問表現リストなど、充実した資料となっております。 ・修了証(修了審査を受けた方のみ発行させていただきます。審査に別途料金はかかりません。) ・PBLに活用できるウェブサイトのご紹介 ・PBLに活用できる動画のご紹介 ・PBLに活用できるソフトウェアのご紹介 ・当協会Facebook JEERA PBLにてPBLに活用できるウェブサイトやアイディアのご紹介  https://www.facebook.com/JEERA.PBL ・コース無料ご相談





北山 奈美

(一社)日本英語教育研究協会

代表理事

熱血教師と言われる先生方は、どんなに多忙であろうと「子どもたちにとって理想的な教育とは?」という究極の問いに対する答えを常に追い求めています。

カフェにいる時、ソファに座っている時… 今、これを読んでいらっしゃる方は、プライベートのちょっとした時間でも、気づけばそんなことを考えているという方ではないかと思います。

 

テクノロジーの発達により「知識を教える」時代は終わってしまいました。教科書にある情報の多くがインターネットでサーチすれば5秒で答えが見つかってしまいます。これからは「知識を活かす」指導を行い、子どもたちが21世紀を生き抜く力を身に付けることが不可欠です。

 

そして、その力を身に付けることが可能となる理想的な指導がプロジェクト型学習指導。プロジェクトベースラーニングと呼ばれるものです(以下PBL)。

 

私がPBLに出会ったのは、留学先のオーストラリア。20年以上も前のことです。

目の前で繰り広げられるにPBLに衝撃を受け、科目を履修しながら初めて知る指導法に大きなショックを受けたものです。異文化ショックならぬ、「教育ショック」を受けました。そのような素晴らしい指導法で指導をしたい!と、JEERAではこれまで多くのPBLを英語で実践し、子どもたちの成長を目の当たりにしてきました

 

ターゲットとなる学習内容だけではなく、教科横断型学習を可能にし、実社会とのつながりを感じながらプロジェクトに取り組むPBLは、まさに「本物の学び」を実現します。

PBLを通して見る子どもたちの成長は、言葉では言い表せられません。

これまでとは全く異なる指導を楽しみ、子どもたちの成長を是非ご自身の目で

お確かめください。

1.お申込後、受講料をお支払いいただいき、講座のご案内をさせていただきます。

​  (お申込みはこちらからどうぞ。)

2.ご自身のご都合の良い時に受講をスタートしていただけます。

  コース受講期間に期限はございません。

  

​3.修了証を希望される方は、必ずこちらをお読みください。

  お申込みはこちらからどうぞ。

お申込み後の流れ

~ ご質問 ~

3.PBLプランニング


PBLで重要なものの一つがプランニング。 過程を一つづつ取り上げ、どのような視点で指導計画を立てていくのか、指導内容をどのように授業に組み込んでいくのか、そして計画する際に考慮すべき点などにも触れながら丁寧に解説しています。




1.イントロダクション


ご挨拶、JEERA PBL指導法通信講座概要、コースの進め方についてご説明差し上げます。




2.PBLを知る


PBLとはどのような学習法なのか、PBLによって得られる21世紀を生き抜く力やプロジェクトとPBLとの違い、ICEモデル、そしてブルームの目標分類学について学び、PBLへの基盤となる知識を深めます。




4.深い学びを実現する問い


PBLで最も重要となるのが深い学びを実現する問いであり、ドライビング クエスションと言われるもので、非常に重要です。 深い学びを実現するための問いは答えが決まっているようなものを問うのではありません。どのような種類があり、授業でどのように役立てられるのか、受講していただきます。 また、この回ではどのようにすれば質の良いドライビング クエスションを作ることが出来るのか、良い例と悪い例を比較しながら質の良いドライビング クエスションの作り方について学びます。




5.導入イベント


PBLの特徴でもある導入イベントについて学びます。 子どもたちへ学びのエネルギーを与える重要なイベントです。 この回では導入イベントの目的、行い方をご説明しています。様々な規制により実現が難しくなりがちな導入イベントですが、実現しやすいアイディアも併せてご紹介しています。




6 子どもたち主導型学習の3要素


PBLは子どもたちが主導的に進める学習法ですが、それに必要な3つの要素として、質問リスト、子どもたちの選択肢、そして子どもたちの意見を重要視しています。 PBLではどのように質問リストが作成され、子どもたちへはどのような選択肢が与えられ、授業の中でどのように子どもたちの意見が尊重されるのか、例を挙げながら解説します。




7.評論と改良


PBLではプロダクトに対する評論、そしてそれを受けた改良というプロセスも重要視しています。評論も教師からだけではなく、クラスメイト、外部の方に至るまで様々な評論を受けるようにデザインします。この回では、評論の効果的な行い方も動画で学習し、「問いを用いた考えさせる指導」について知識を深めます。




8.PBLプレゼンテーション指導


PBLではプロジェクトの最終回でプレゼンテーションを行うことが多々あります。学校でプレゼンテーションの指導をあえて行うということはなかなかないと思いますが、PBLでは非常に重要です。発表者のマナー、そしてリスナー側のマナーを含めて動画を用いて学習し、プレゼンテーション中に取り組ませるべきことなどについても知識を深めます。




9.PBL評価


PBLの評価で用いられるのはルーブリック評価ですが、この回ではこのルーブリック評価はもちろん、各学習段階でどのような点に着目しながら評価を行うかなど、詳しく例を用いて解説しています。評価観点の一つである「主体的に学習に取り組む態度」を十分に評価できるようになる重要な講座です。




10.GIGAスクール構想を見据えたインターネットの活用


GIGAスクール構想を見据え、PBLの授業展開をインターネットを活用しながら行う、いわゆるハイブリッド指導を学んでいただきます。非常に進んだ海外の事例を参考に作られたこの講座では、インターネットをPBLに十分に活用しながら行うタブレットを用いた学習を想定し、オンライン上で充実した協働学習が出来るソフトウェアの活用法やプロダクトに活用できる無料ソフトの紹介をしています。(例:プログラミング、本出版、服飾デザイン 他) また、入試を含むあらゆる試験に対応できるPBLという視点からも指導方法を解説しており、まさにこれからの指導を学ぶことが出来ます。




11. その他含まれるもの


・PBLコース資料27ページ スムーズに授業が計画出来るプランニングシート、外部の方を対象とした評論表現集、ルーブリック評価シート、深い学びを実現する問表現リストなど、充実した資料となっております。 ・修了証(修了審査を受けた方のみ発行させていただきます。審査に別途料金はかかりません。) ・PBLに活用できるウェブサイトのご紹介 ・PBLに活用できる動画のご紹介 ・PBLに活用できるソフトウェアのご紹介 ・当協会Facebook JEERA PBLにてPBLに活用できるウェブサイトやアイディアのご紹介  https://www.facebook.com/JEERA.PBL ・コース無料ご相談





 

~ 料金のご案内 ~

JEERA PBL指導法通信講座 36,300円(税込・一括払い

​*コース資料代・修了審査料込

​【分割受講】

JEERA PBL指導法通信講座 PartⅠ 19,250円(税込・5講座

JEERA PBL指導法通信講座 PartⅡ 19,250円(税込・5講座)

*コース資料代・修了審査料込

​お申込みはこちら

終了証が発行される!
JEERA PBL プロジェクト型学習
4日間無料通信講座お申込み
​​第1次お申込みは締切りました。
たくさんのお申込み、誠にありがとうございました。
4日間トレーニングコースCertificate(JPEG).jpg

PBLには学校での学びを本物に変える力がある…

全く新しい指導を始めてみませんか?

 
​JEERA PBL通信講座資料をお送りいたします。
よろしければご連絡先をご記入ください。

動画

配信

LP1_edited.jpg
小学校英語指導者資格|通信講座|オンライン|一般社団法人日本英語教育研究協会JEERA
小学校英語指導者資格|通信講座|オンライン|一般社団法人日本英語教育研究協会JEERA
小学校英語指導者資格|通信講座|オンライン|一般社団法人日本英語教育研究協会JEERA
  • Facebook - Grey Circle

© 一般社団法人 日本英語教育研究協会 JEERA