誰でもできる!小学校英語学習を成功させる方法

小学校英語の大事さは皆さんよく理解されていると思います。

子どもたちの将来を、子どもたちと一緒に夢見る方も多いでしょう。



海外で事業展開する実業家、 世界を舞台に活躍するスポーツ選手、

世界中を飛びまわるスチュワーデス、 国際会議に出席するような通訳…



色々な夢がありますが、その「理想に近づけるにはどのようにすれば良いのか」という点に関しては、あまりご存知ではない方が多い気がします。


英語を勉強しろ~!と口酸っぱく言っても子どもたちは英語好きにはなりません。

むしろ英語ギライになってしまいますよね。当然だと思います。


当協会では小学校の英語指導に特化した初のオンライン資格認定コースをご提供させていただいているのですが、JEERA式英語指導法で指導を受けた子どもたちは、口をそろえてこう言います。



英語が楽しい!


英語大好き



英語を学習させている側にとって、これほど嬉しいコメントは無いですよね。


なぜこんなコメントが返ってくるのかと言うと… JEERA指導法では3つの指導を柱としているからなんです。




その小学校英語指導3つの柱とは…



褒める!


程よく難しくする!


ゲームに頼り過ぎない!

(勝ち負けにこだわりすぎるもの)




あれ!?誰でもできるんじゃない?と感じられたのではないでしょうか。


そうなんです、細かく押さえるべき点はありますが、どなたにでも出来る指導なんです。


これらの柱の基本にあるのは、母国語習得の初期段階で保護者が行う行動 なんです。




下のようなやり取り、経験したこと、もしくは見たことはありませんか?



言葉の練習をし始めた幼児: ブッブー

         

         保護者: そうだね。carって言うんだよ。

 carって言ってごらん。


言葉の練習をし始めた幼児: c... car

         

         保護者: 良く言えたね!そうだよ、carだよ。

 あれ?あのcarは何色かな?


言葉の練習をし始めた幼児: blue

         

         保護者: そうだね。blueだね。よく覚えていたね~!

 じゃぁ、あの色の車はなんて言うの?


言葉の練習をし始めた幼児: blue car

         

         保護者: うわぁ!すごいね。そのとおり!

 blue carだね!

じゃぁ、次は何色の車が来るかなぁ?



といったやり取りです。何気ない、ごく普通のやり取りですが、実はこのやり取りの中に

先程の3つの指導の柱が隠れています。


どなたにでもできることですよね。“自分がしていたことが指導だったなんて!!” と驚かれる方もいらっしゃると思います(笑)



小学校の英語指導は、これら3つの柱のバランスが大事です。

褒めるだけでも、難しいだけでも、ゲームに頼り過ぎでもダメ!



学習に関係する“やる気”には、内発的動機づけ外発的動機づけがあります。

簡単に説明すると、自分でやろうと自発的に思えることが内発的であり、ポイントをもらえるから、おやつをもらえるから…という理由でやりたくなることが外発的です。


どちらが強いのか…



断然、内発的動機づけ



なんですね。しかも…


内発的動機づけによって引き起こされた行動は持続することが証明されているんです。


持続するということは、小学校英語学習のみならず、中学校、高校へ行っても英語学習は成功していくということ。まさに夢の路線を進みます!


自宅でも、指導の場でも、どなたにでも行えるこの3つの柱を活用して英語学習を指導することで、小学校英語学習を成功させる!


どなたにでも行える簡単な指導ですから、始めない手は無いです。

今日から是非スタートしてみませんか?







*協会こぼれ話*


小学校英語教育現場を見ていて思うことは、まだまだ勝ち負けにこだわり過ぎたゲーム活動が多いということ。特にビンゴゲームは多いですね💦


当協会の小学校英語指導者資格コースの講座の中に「学習効果を考える」という講座があります。この回では、例えば “ビンゴゲームにどれだけの学習効果が期待できるのか” ということを考えます。


先生が札を選んで読み上げ、その札の単語がビンゴカードにあったら、


"ビンゴ~!"


いや、楽しいですよ。楽しいですけども、ここから得られる学習効果は低いです。



ALTの先生たちとも話す機会がありますし、色々なグループに所属させていただいたりも

するわけですが、その中でも "何か授業で出来るアイディアない?"という相談があると、必ずビンゴゲームが挙がります。

その度にガッカリさせられます。


時間をかけて行うのであれば、その時間に対する効果、つまり学習時間対効果を真剣に考えなければいけません。

厳しい言い方ですが、教科としての小学校英語指導は遊びの時間ではないです。


学習効果を考えるの回は、受講者様からの反響がかなり大きい講座の一つです。

なぜ目からウロコだったのですか?と聞くと、多くの方が



これまで考えたことが無かったから…



とお答えになります。


指導案も活動案も全て揃っている。

いつもやっているからこれでいこう!という案は、たくさんあります。


そういったものを改めて見つめ直す目はかなり強力な教師力となります。



眠っている教師力、上げませんか?



興味のある方は是非!




* おかげさまで少しずつお申込みをいただいております。

  ありがとうございます!



英語教育に秀でた学校だけが認められるグローバル認定校でも採用された指導法!文科省派遣英語教育推進教諭、英語教育推進リーダー、日本の英語教育に影響を与える若手教諭も受講した自信を持ってオススメできるコースです。


コースご案内はこちら≫≫≫


コースの概要動画はこちら≫≫≫


その他のサンプル動画3個はこちら


7月31日まで!入会金無料キャンペーン中 #小学校英語

#小学校英語指導者資格

#オンラインコース

#小学校英語資格

#成功する小学校英語

#やる気

#英語学習成功方法


62回の閲覧
小学校英語指導者資格|通信講座|オンライン|一般社団法人日本英語教育研究協会JEERA
小学校英語指導者資格|通信講座|オンライン|一般社団法人日本英語教育研究協会JEERA
小学校英語指導者資格|通信講座|オンライン|一般社団法人日本英語教育研究協会JEERA
  • Facebook - Grey Circle

© 一般社団法人 日本英語教育研究協会 JEERA