ごっこ遊びがもたらす英語学習への絶大な効果

個人的な話なのですが、私には3歳の子供がいます。

私が仕事柄、言語習得やら教育が専門なので、「実験」ではないですが、

いつも観察させてもらっています。


うちの子は3つの言語環境に生きているので、全体的な言語の発達が

遅い方だと感じています。

特に日本語なんてカタコトで、アクセントも怪しいくらいです。


そんな感じなので、言葉の発達をゆっくり見せてくれているのですが、

ある遊びの効果を再認識しています。


" ある遊び "も何も、タイトルにあるままなのですが(笑)


ごっこ遊びです。


Role Playと言われるものです。

ごっこ遊びは何気ない遊びにとらえられがちですが、実は言語習得の目から

捉えると、ものすごく深い学びが実現可能!


しかも実際に使う場面を再現してしっかり練習ができる!

もちろんそんなことは無意識に行っているわけです。


更にさらに、何よりも楽しい!


楽しいから表現を使いたくなる、場面設定がされているから表現を使う目的がある、

表現しなきゃ進まないから、表現する… というサイクルが生まれます。


週末、夢中になっていたのがタクシーごっこ


電話をかけてタクシーを呼ぶ。

まずは挨拶!

そして、どこに行くかを告げる。

支払いをする。

お別れ。


電話を掛けるのだって、Hello? から始まるマナーも知っておく必要があるわけで、

お別れだって、Have a good day!で終わる・・・




子どものタクシーごっこセット

下車の際にはレシートをくれます♪





一連の流れの中に多くの学びがあると再認識させられました。


でも・・・



行先が自分が知らない場所だと勝手に違う場所へ

変えるのはやめて欲しい…(笑)



それはマナー違反💦




ごっこ遊びは、言語発達段階にある幼稚園では積極的に用いられます。

実社会につながっている遊びは、学習効果が非常に高いからです。


お母さんごっこを見ていて、自分のマネかとヒヤッとする…


それも学びですね!(笑)




*協会こぼれ話*


教員研修で、このごっこ遊びをテーマに英語指導研修を行うことがあります。

その時は5名ほどの先生に出て来てもらって、


では、おままごとをしましょう!


と始めるんですね。

楽しいですね~!


校長先生におかあさん役をしてもらったりして(笑)

私は赤ちゃん役でわがまま言いたい放題!

お父さん役の若い独身の男の先生は、赤ちゃんの扱いをどうしていいかわからない!


・・・とドタバタなんですが、終えた時に皆さん驚かれるんです。


なんてたくさんの英語表現を使うんだ!


って。


これがごっこ遊びの持つ絶大な学習効果なんですね。



英語学習を効果的に進めるポイントとして、使う場面をしっかり設定しましょうということを聞いたことがあると思います。

設定の仕方には2通りあると思います。


例えば以下のような進め方


困っている人の絵を見せて、

あれ、〇〇さんはどこかに行きたいようだけど、行き方が分からなくて困っているようだね。Whereは場所を表すよ!じゃぁこの表現を言ってみよう!せ~のっ!

Where do you want to go?(複数回練習後、会話練習)

じゃぁ今度は、教科書にある絵から行きたい場所を決めて、お互いに聞き合ってみよう!


という感じのものと


先のタクシーの設定。


「設定」という目的だけで見ると、どちらもクリア。

でも、その後の学習の深さとしてはタクシーの方が断然深い!


上の設定では基本的にはターゲットセンテンスの練習だけで終わってしまう

可能性が高いですよね。

ここで無理やり Oh REALLY?? と使わせるのもオカシイ。


深い学びが実現できるように組んでいくこと。


これが何よりも大事です!





★9月21日(月)9月22日(火)セミナー開催決定!★



9月21日(月)9月22日(火)開催

フォニックス指導で世界的に有名なジョリーフォニックスを学ぶチャンスです!

今回は音とアクションに重点を置き、日本人が苦手とする発音も、発音のコツを押さえながら丁寧にご指導いたします。

読み書きが苦手な子どもたちのために考案された効果抜群の指導法で、他感覚を用いた指導により学習障害のある子どもたちにも効果が高いとされています。

ご自身の指導の宝となるセミナーです。


9月22日(火)開催

人気の高い英語絵本を用いた英語指導のセミナーです。

英語絵本を英語指導に用いる利点は、学ぶ表現や単語が広がること。

選ぶ内容によって、この広がりが異なるため、絵本を読むたびに知識を広げることが可能です。

しかも、JEERAの読み聞かせでは、子どもたちと会話をしながら進めるため、「聞いてるだけ」という受け身の状態ではない、参加型の学習時間となります。

リーディングでも時に触れた状態からライティングへ移る活動もご紹介。

基本的なアクティブラーニングを用いたライティングプロジェクトも実践でご紹介します。


毎回受講者様より非常に高い評価をいただく当協会のセミナー。

どうぞ積極的にご参加ください♪


セミナーページへはこちらからどうぞ





36回の閲覧
小学校英語指導者資格|通信講座|オンライン|一般社団法人日本英語教育研究協会JEERA
小学校英語指導者資格|通信講座|オンライン|一般社団法人日本英語教育研究協会JEERA
小学校英語指導者資格|通信講座|オンライン|一般社団法人日本英語教育研究協会JEERA
  • Facebook - Grey Circle

© 一般社団法人 日本英語教育研究協会 JEERA